酵素ダイエットが人気な理由|簡単に痩せられる時代が到来

レディー

食事や運動と組み合わせる

ウーマン

どのような種類があるのか

便秘薬には色々種類がありますが、大別すると腸内環境を整えるための整腸剤や乳酸菌などがあります。また、水分を補なって便を柔らかくして、出しやすくする水分系のものや、腸を無理に刺激させて排便を促す、刺激系の薬がおすすめです。加えて、効果が一番早い最終手段とも言える浣腸などがあります。一般的に良く購入されているのは刺激系の薬ですが、これは使い続けていると体が慣れて便意をなかなか催さなくなってくるので、量を増やしたりして益々体に負担がかかるようになってきます。便秘薬を徐々に水分系や乳酸菌などの体に優しい方向にシフトしていくのがオススメの方法です。まずは刺激系を摂りながら、乳酸菌サプリなども摂って便意を促すと共に腸内細菌を増やしていくことなどが良いでしょう。

悪い循環を繰り返さない

便秘薬は言ってみれば一時しのぎの方法を続けることなので、便秘の原因を元から断つことが将来的に解消の役に立ちます。原因は女性ホルモンなどの自力では対処出来ないことを除けば、単純に筋力が足りなくて腸の蠕動運動をさせ難いことや、水分が不足して固くなってしまっていること、腸内環境が悪いことなどです。これらを解消するためのオススメがお腹回りの筋肉などを鍛えるために腹筋や体感トレーニングをする、水分をこまめに摂る、乳酸菌のあるヨーグルトやチーズや発酵食品を摂ったり、食物繊維の豊富な食事に切り替えるなどをして徐々に便秘薬に頼る日を少なくしていくことをオススメします。ゆっくり時間をかけて少しずつ習慣づけて楽に排便出来るようにするのが理想です。